普通免許で乗れるのは

平成29年3月より、車両総重量3.5トン以上7.5トン未満等の自動車が新たに「準中型自動車」として区分されるようになり、それに伴って「準中型免許」が新設されました。それにより、普通免許で運転できる自動車の区分範囲が狭まります。その辺、どのように変わるのかお話します。ここで頭を整理しておきましょう。

改定前は、普通自動車免許で運転できるのは車両総重量が5トン未満、最大積載量が3トン未満の自動車でした。改定後は、普通自動車免許で運転できるのは車両総重量が3.5トン未満、最大積載量が2トン未満の自動車ということになります。

身近な例を挙げて分かりやすく言うと、街でよく見かける郵便配達のトラックやコンビニの配送車を思い浮かべてみましょう。それのほとんどが2トントラックと呼ばれるものです。改定前は、普通自動車免許を持っていれば2トントラックが運転できました。しかし、改定後は2トントラックを運転するのに準中型免許が別途必要になります。

ただし、改定前に取得した普通免許の場合、改正後もこれまでと同じ範囲(車両総重量5トン未満、最大積載量3トン未満)の自動車を運転できます。改定前にすでに普通免許を取得している方にとってはお得感があります。

準中型運転免許とは?

平成29年3月12日より、「準中型免許」が新設されました。この新しい区分について詳しく知りたい方のために、ここで分かりやすく説明したいと思います。

これまで、自動車の区分と言えば普通自動車、中型自動車、大型自動車の3つでした。(ちなみに2007年より前は中型自動車という区分はなく、普通自動車と大型自動車の2種類のみでした。)平成29年3月より更に改正が加えられ、車両総重量3.5トン以上7.5トン未満等の自動車が「準中型自動車」として区分されるようになりました。現在、自動車の区分は4種類、普通自動車、準中型自動車、中型自動車、大型自動車ということになります。

それに伴い、準中型自動車に対応する運転免許として「準中型免許」が新設されました。これによって何が改善されたのかというと、18歳で3.5トン以上7.5トン未満の貨物車を運転できるようになったことです。

改定前は、18歳で取得できる自動車免許は普通免許のみ。運転できるのは5トン未満まででした。5~11トン未満の中型車免許を取得するためには、普通自動車の2年以上の運転経験が必要で、20歳になっていることが必要でした。改定後は、普通自動車免許を持っていなくても、直接準中型免許を取得することができ、年齢制限も18歳以上と低くなりました。

それで、トラックの運転に興味のある若い年齢層の間では、平成29年より新設された準中型免許に関心を持っている方が多いです。3.5トン以上7.5トンまでの準中型車両を運転したい方は、さっそく免許取得に向けて準備をすすめましょう。